【第2回】コロナ禍において奮闘する先生方のためのオンライン・リレー講座(録画配信) | 京都大学講座のオンライン配信

本編を視聴するには、視聴条件をご確認ください

2

0

販売開始 販売終了 配信終了

関連ファイルダウンロード

※関連ファイルは動画視聴可能になるとダウンロードできます

  • E.FORUM 第2回資料.pdf(1.46 MB) 

この動画を視聴するには

単品購入(1,000円)

この動画は2021年05月31日 00時00分に販売終了予定です。

購入済の方は、ログインすると視聴できます

この動画が含まれる
セット

【第2回】コロナ禍において奮闘する先生方のためのオンライン・リレー講座(録画配信)

第2回 京都大学大学院教育学研究科  楠見 孝 教授
『コロナ禍において求められる批判的思考力』
コロナ禍において,教員は,多くの新たな問題に直面し,解決することが求められています。そのためには,感染リスクと新たな教育について情報を,メディアから読み解くメディアリテラシーと,リスクに対処するためのリスクリテラシー,それらの土台となる批判的思考力が重要です。本講座では、こうした力を,自ら身につけるとともに,学習者に伝え,育むにはどのようにしたら良いか,皆さんと考えたいと思います。

講師のご紹介
 楠見 孝/京都大学大学院教育学研究科 教授  
 専門は教育心理学・認知心理学です。批判的思考力や探究的学習スキルの育成や評価、探究的学習が学力に及ぼす影響、リスク認知とリスクリテラシーに関心を持っています。本講座が、 コロナ禍下において、批判的思考力とリスクリテラシーを育む教育を考えるきっかけとなることを願っています。

【主な著書】 『大学生のためのクリティカルシンキング:学びの基礎から教える実践へ』(共訳、北大路書房、2019年)、『教育心理学(教職教養講座 第8巻)』(編著、協同出版、2018年)、『批判的思考と市民リテラシー:教育,メディア,社会を変える21世紀型スキル』(編著、誠信書房、2016年)、『ワードマップ 批判的思考: 21世紀を生きぬくリテラシーの基盤』(共編著、新曜社、2015年)、『実践知:エキスパートの知性』(共編著、有斐閣、2012年)など。
 


ご購入後、下記の要領で資料をダウンロードしていただけます。

ご購入の前にご確認ください。
  • 本申込みと同時にソーシャルキャストの全ての記載内容について同意したものとみなされます。https://kyodai-original.socialcast.jp/pub/agreement
  • 本セミナーを含む本サービスの知的財産権等は、全て当社に帰属します。
  • 以下、禁止事項となります。
  1. 本サービスを不正の目的をもって利用する行為
  2. 本セミナーを全部又は一部を問わず第三者に提供する行為
  3. 本セミナーの録音、録画、撮影、その他複製行為
  4. 同時に二台以上の本デバイスで本サービスを利用する行為

関連動画

コメント

ログイン、もしくは会員登録いただくと、コメントできます。

もっとみる